三海に面した北海道の豊富な海産物

三海に面した北海道の豊富な海産物

北海道の漁場事情

北海道といえば食べ物がおいしいというイメージがあるかと思いますが、中でも北海道の海の幸は毎年旬には全国に向けて発信され、同分野の高級ブランドとして名を馳せている食材も数えきれません。しかし北海道はその広大な敷地面積ゆえに、地元の特産品といってもひとくくりに考えることはできません。海産物も同様で、地域ごと、漁港ごとに水揚げされる主な魚介が大きく異なっていることも珍しくありません。特に北海道の場合、南東は太平洋、西が日本海、北東にはオホーツク海と、三つの海に囲まれています。それぞれの海は異なる海流や気候条件によって全く別の漁場とみなしてよいほどの差があるため、北海道全域で見た場合、水揚げされる海産物の質はもとより、その種類の豊富さにおいてもどこにも引けを取りません。 <br> <br>北海道には全部で282港という非常に多くの漁港があり、それらの漁港はさらに第一種から第四種漁港と、四種類に分類されています。この分類は主にその漁港の活動範囲によって区別されるもので、す。第一種漁港は最も多く、210港あります。地元の漁船が利用する漁港であり、新鮮な近海の海の幸を運んできてくれる、私たちにとって最も馴染み深い漁港と言って良いでしょう。第二種がその第一種よりも広い範囲の漁場を取り扱う漁港であり、第三種は全国の漁船が停泊する遠洋漁業に特化した港、第四種が通常の利用は少ないものの、有事の際に漁船の避難などに備える港です。第一種漁港で獲れる魚は私たちの食卓においてお馴染みとなっている魚が多く、また地元の名産と呼ばれるようなものも、ほとんどがこの近海を専門とする漁港で水揚げされます。いかに北海道が豊富な漁場に恵まれているがうかがえるでしょう。

北海道の地域別絶品魚介紹介

北海道には実に多くの漁港があり、東西南北に広く分布しています。それゆえ海産物の種類が豊富なことでも知られていますが、北海道産の魚介で特別有名なものといえば何でしょうか。多くの方々の脳裏にはウニやイクラ、カニといった単語が浮かんでくるかと思います。しかしそれらの影に隠れがちなその他の海の幸も負けず劣らず北海道産ならではの魅力を備えているのです。 <br> <br>たとえば、東の厚岸町(あっけしちょう)では獲れる牡蠣は全国で唯一、一年中味わうことのできる貴重なものです。牡蠣は冬の味覚として知られている通り、その生育には低温の海水が必要不可欠です。より冷たい海で育つほど生育が遅くなるという性質を利用して、長期間じっくりと栄養を与えることにより優れた身が育つというのです。そしてもちろん、栄養豊富なプランクトンの存在も欠かせません。この点についても、厚岸町の厚岸湾には厚岸湖から流出する大量の栄養が溜まっており、それによって増えるプランクトンが大量に生息しています。低温の海水と栄養芳醇なプランクトンという二つの条件を一度に満たしている厚岸町は、まさに日本で最も牡蠣の生育に適した環境が整っている漁場といえるでしょう。一年中出荷されている厚岸町の牡蠣は味も絶品です。 <br> <br>牡蠣はその日の気分で手軽に食べ方が選べるところも親しみやすいポイントです。いずれも手間がかかるものではないのですが、全く違った味わいが楽しめます。生で食すか、蒸して食すか、煮るか、焼くかです。大勢で鍋を囲んだり、BBQなどを盛り上げる食材としても極めて優秀ですね。海のミルクと称されるほど栄養も豊富であり、夏場に牡蠣の助けを借りたいこともあるはずです。そんなとき、厚岸町の牡蠣の存在は大変ありがたく感じられます。

タラバガニはカニじゃない?

タラバガニはヤドカリです。――タラバガニは名前にこそ「カニ」とあるのですが、実際にはヤドカリの仲間に含まれる生物です。ズワイガニや毛ガニといったほかの様々なカニと比べてもひときわその体躯は大きく、カニの王様と呼び習わされるズワイガニのそのとびぬけた容姿もまた、カニとは分類上異なるための特徴なのかもしれません。よく見ると足の本数も違えば形も違うのです。身の味わいや食感もズワイガニとはずいぶん異なることで知られていますが、やはりそれは、厳密にはカニではないから、なのかもしれません。しかしそもそも、ヤドカリとカニの区別自体がそれほど遠く離れているわけでもありません。出稼ぎ風俗で初めてのお客さんをおもてなしするときなどに、もしかしたら使えるちょっとした雑学程度の小話でした。 <br> <br>北海道といえばカニ。そして北海道のカニといえばタラバガニといっていいほどに、そのネームバリューはもはや確固たる地位を築いています。もちろん北海道ではズワイガニも毛ガニもタラバガニに劣らず多く水揚げされ、その味もお墨付きです。しかし冷たい海を好むタラバガニの主な産地は日本ではほとんど北海道のみであるため、北海道を訪れた詩には是非新鮮なタラバガニを味わっていただきたいと思います。タラバガニは焼いて食べるのが一般的であり、ズワイガニなどと比べて生食には向きません。タラバガニの刺身というものもないわけではありませんが、タラバガニは身の繊維質がしっかりしているため刺身では食感がやや重く、また甘みも十分に引き出せないとされています。

【北海道】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

北海道のオススメ記事