抹茶、わらび餅、くずきり…京都の和スイーツを楽しんで、大和撫子に!

抹茶、わらび餅、くずきり…京都の和スイーツを楽しんで、大和撫子に!

大阪から一足伸ばして京都の和スイーツを堪能しよう!

大阪から電車で30分。大阪へ出稼ぎに来た際には、京都にも訪れてみてはいかがでしょうか? <br>京都というと、なんとなく「和」のイメージがありますね。実際に、京都の食べ物やスイーツは、和風のものが多く、おしとやかな雰囲気に包まれています。 <br>関西方面へ来たら、是非京都に行って京都ならではの和スイーツを楽しみ、洗練された大和撫子になってみましょう!

落ち着く!京都の和風スイーツ

京都には、湯豆腐やしば漬けなど、様々なグルメがありますが、スイーツにはどんなものがあるのでしょうか? <br>ここでは、京都に来たら必ず抑えておきたい!頬が落ちるほど美味しい、絶品の京都・和スイーツをご紹介いたします! <br> <br>*抹茶パフェ <br> <br>京都といえば、やっぱり「宇治抹茶」!京都のパフェは、抹茶を使ったものがほとんどと言っても過言ではありません。 <br>抹茶味のアイスクリームやゼリー、寒天、白玉など、柔らかく心を落ち着かせるような食感を持った甘味で彩られています。 <br>京都の大自然の中で作られた抹茶は、上質で苦みをほとんど感じません。そのため、抹茶の独特な苦みが苦手という人も、美味しくいただけます。 <br>京都の大自然を受けて育った抹茶の甘みが上品に生かされた抹茶パフェ。京都に来たら、抑えておきたい一品です! <br> <br>*わらび餅 <br> <br>あのもちもちとしていながらも弾力があって、口に入れた瞬間じわじわと消えていってしまうような食感がたまらないわらび餅。原料であるわらび粉は、お隣の奈良県が名産地ということもあって、京都でもわらび餅を売るお店が多くあります。 <br>京都のわらび餅は、原料を上質なものにこだわるところが多く、「本物」を売りにしているお店も多くあります。 <br>京都の名物である抹茶や、きな粉を味付けとしたものが多く、食べるだけで「和」を感じられます。 <br> <br>*くずきり <br> <br>くず粉でできており、細長いうどんのようなくずきりは、京都の祇園が発祥の地です。あんみつをかけたりして食べることが多く、京都の代表的な和デザートです。 <br>くずきりは、低カロリー、豊富な食物繊維、血行を良くする等、健康やダイエットにも良い食材です。美味しいグルメがたくさんある京都。つい食べ過ぎてしまった時のデザートとしても、くずきりなら安心です。 <br> <br>*みたらし団子 <br> <br>みたらし団子は、京都の下鴨神社が発祥の地で、神社の池から湧き出す水の泡を模して作られたと言われています。 <br>砂糖醤油のとろ~りとしたタレがかかっており、辛さと甘さが絶妙なバランスで保たれている、古くからある和菓子です。焼いた団子のもちっとしつつもパリッとした食感がたまりません。 <br> <br>*ぜんざい <br> <br>甘くて温かいぜんざい。お汁粉との違いは、こしあんではなく粒あんで作られていることです。そのため、ぜんざいの方は、あんが粒粒としています。発祥は、島根の出雲ですが、「じんざい」という言葉が出雲訛りを経て「ぜんざい」となり、京都へ伝わっていったと言われています。 <br>温かくて体もぽかぽかするぜんざいは、京都では冬の時期に美味しく食されています。ですが、冷やしぜんざいというのもあり、夏の暑い時期でも楽しまれています。

和スイーツ・和カフェ巡りをしよう!

京都の街は、平安時代の名残から通りが碁盤の目のようになっていて、建物が整然と並んでおり、さらに街並みも古く趣があります。そんな中でのんびりと散歩をし、京都の和スーツ・和カフェを巡ってみてはいかがでしょうか? <br>京都の美味しい和スイーツのお店やカフェは、京都駅東側の祇園・東山エリアや、中心市街地の烏丸御池・四条河原町エリアを中心に、至る所にあります。 <br>徒歩や、1日乗車券で乗り放題のループバスもあるので、ちょっと時間が空いたときも気軽に行くことができます。 <br>出稼ぎで関西方面に来た際には、京都に訪れて和スイーツ・和カフェを巡って、大和撫子になってみてはいかがでしょうか?

【京都府】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

京都府のオススメ記事