忍びの伝説、伊賀忍者

忍びの伝説、伊賀忍者

004年に6市町村の合併で誕生した伊賀市は、三重県の有名な観光地の一つとして親しまれています。
伊賀市は松尾芭蕉の出身地でもあるため、忍者と俳聖生誕の地としてその名を知られています。

伊賀市の特産品としては、高級和牛である「伊賀牛」と忍者の保存食であった「かたやき」があります。

今回は伊賀忍者をご紹介したいと思います。

「伊賀忍者の歴史」

伊賀忍者が誕生したきっかけは、
「伊賀」 という土地が 「京都」 に近い山岳地帯であったという、地理的な理由があるようです。

その昔、京都は日本の中心であり、さまざまな権力闘争の舞台でもありました。
「伊賀」 は地理的にその京都の近辺でした。
険しい山々に覆われ、中央の支配力もあまり行き渡っておらず、
その土地の地主達が独自に統治などを行っていました。

このような状況のため、
権力やお金を狙って潜伏する人達や、権力闘争に負けて落ち延びた人達、彼らを援護する勢力の隠れ家などに、とても都合が良かったのです。
そしてこうした人達は、敵対勢力の情勢を機密に取得するための「諜報術」 を必要としました。
これが、伊賀 に 「忍術」 が備わる由縁になったと言われています。

伊賀忍者ってどんな忍者?」

伊賀忍者は、現代で言うところの傭兵に当たり対象の人間と「契約による主従関係」以上に関わらないという、少し冷めた部分を持っていたと言われています。

伊賀忍者たちは、「上忍三家」と呼ばれる服部・百地・藤林の三氏によって統率されていたと言われています。
当時、伊賀忍者にとって掟は絶対のものでありました。
その背景もあり、忍者を辞めて里から出る「抜け忍」を厳しく取り締まっていました。

「伊勢で忍者体験をしてみよう!」

三重県の伊勢市には「伊勢安土桃山文化村」という時代劇テーマパークがあります。
織田信長が築城した幻の「安土城」を原寸大で再現した、城をシンボルとしており、洛中洛外・楽市楽座・戦国砦など安土桃山時代の街並みを、時代考証に基づき再現した体験型テーマパークです。

当時使われていた火縄銃・手裏剣・弓矢・吹き矢など、戦国武将や忍者になりきって遊べる体験館が人気を集めています。

忍者の仕掛けをくぐって巡る迷路、妖怪屋敷など体で楽しむことができるオススメスポットです。

【三重県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

三重県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する