京都代表のお土産品、八ツ橋

京都代表のお土産品、八ツ橋

京都の「八ツ橋」ついて

京都の「八ツ橋」と聞くと、生八ツ橋を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、実はもともと八ツ橋は「堅焼き」から生まれ、当初は「堅焼きせんべい」と呼ばれていました。
京都に来た観光客の96%が八ツ橋をお土産として購入するというデータも出ているほど。

今回は、京都に旅行に行けば必ず目にする・口にする八ツ橋についてご紹介します!

「八ツ橋の歴史」

生地を焼き上げた「八ツ橋」。
生地を蒸しただけで、焼き上げない「生八ツ橋」。
餡を入れた「餡入り生八ツ橋」も有名です。

明治時代、京都駅で販売されたことをきっかけとして日本全国で一気に知られるようになり、人気の商品となりました。

第二次世界大戦後には「生八ツ橋」が考案され、
現在で生八ツ橋の方が人気があるという特徴を持っています。

生地は通常のニッキのほか、抹茶やごまを混ぜたものがあり、
餡も通常のつぶあんのほかに旬の果物やチョコレートの餡を用いるものもあるなど、多くの種類が考案されていることが分かります。

「八ツ橋の美味しさを保つ方法」

発売当時の生八ツ橋は竹皮によって包まれていましたが、現在ではほとんどが真空パック詰めされています。
生八ツ橋もあることから、賞味期限を1日でも長く延ばすためです。
これによって真空パックの未開封であれば、賞味期限はおおよそ9日〜11日となっています。
このように、美味しさを保つために工夫がこらされています。

「昔ながらの味」

同じ八ツ橋でも昔ながらの製法を尊重しているメーカーの商品の場合は、
品質保持についても昔ながらの商品もあります。
こちらの賞味期限は季節にもよりますが2日~4日と、他メーカーの商品と比べても極端に短いことがあります。


いかがでしたでしょうか?
京都に出稼ぎに行った際にはぜひ美味しい八ツ橋をお土産で購入してみませんか?
その伝統の味にほぺったが落ちてしまうこと間違い無しです!

【京都府】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

京都府のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する