山口県ってどんなところ?

山口県ってどんなところ?

本州最西端。九州地方に繋がる要所

山口県といえば、陸路で本州と九州を行き来するためには必ず通ることになる交通の要所です。ただし、県庁所在地は山口市となりますが、人口、人口密度ともに県内の他市に劣っており、経済的な中心地としての性格は薄いようです。厳密に本州最西端であり、九州地方の福岡県との接続地点となっているのは「下関市(しものせきし)」となっています。県内最大人口かつ県の中核的都市の座はいずれも県庁所在地である山口市のものではなく、下関市に譲る形となっています。そのような情勢は歓楽街の規模にも当てはまるようです。山口市の風俗店の数は県内一ですが、他市と比較して傑出した数字ではありません。山口県に出稼ぎに行くとしたら、選択肢は山口市のほかにも多くあることを覚えておいたほうがよさそうです。たとえば山口市にはソープランドが一軒もありませんが、その一方で下関市には三軒出店しています。こういった地域による業種の偏りは事前に見ておきたいポイントといえますね。 <br> <br>山口県の中核を担う地域が下関市であるという点を踏まえて、では、山口県で最も多くの人口が活動する下関市の特徴とはどういったものなのでしょうか。下関市には企業の本社が多くあり、市街地は高いビルが立ち並んでいます。精力的なビジネスマンが闊歩し、都心の風景だけ見れば地方都市のイメージに伴うような地味さはまったくありません。一方で、下関市はその本州の終点ともいえる立地条件から歴史的に微妙な立場に立たされることが多く、例えば戦争の要所であった過去の名残として、当時の砲台が残っています。国土防衛という観点から重要な地域であるという性質は基本的に今も変わってはいませんが、市内には下関市が長い歴史の中で経験してきた事件の残滓が見て取れます。

県民性から見る山口県の様子

山口県民は基本的に「保守的」な人が多いとされています。もちろんひとくくりにしてしまうような言い方は実際に山口県民の耳に入れば軋轢の種にもなりますので、控えるべきです。しかし山口県の簡単な歴史や置かれている情勢の背景を面白く理解する上では、「県民性」という誤解を招きやすい観点もときに便利なものです。 <br> <br>保守的であるということのほかに、男尊女卑的な考え方が残っているともいわれます。これはむしろ九州地方にとても強い傾向として有名で、この九州の男尊女卑傾向は統計的なデータからも明らかとなっており、根拠あるものです。では、九州と接する山口県だからこそ、九州の影響を強く受けているのでしょうか。もう少し見ていきたいと思います。山口県の男性は保守的で、体裁を気にしがちなところがあるようです。一方女性は情に厚く、明るく、社交的とされています。これらの情報は主に全国の人々が抱く意識調査から来ており、強い説得力のあるものではありませんが、次に統計的なデータを含めて考えてみます。たとえば山口県は「習い事にかける金額」が全国で3位にランクインしています。女児に習字やピアノを推奨する気風が強いことから、たしかに男尊女卑――いうなれば女性は将来主婦となり、男性を引き立てるもの、という意識がうかがえます。また「和食の食事代」も上位であり、異国文化をあまり好まない、あるいは、馴染み深い郷土の味に愛着を持っているということが言えそうです。こういった性格を「保守的」と称するか「地元愛」と称するかはさじ加減になるかもしれません。男尊女卑、という言葉も聞こえは悪いですが、夫婦関係は総じて良好なようです。全体を通して平和で温厚な雰囲気が感じられる土地柄と言えるでしょう。

もっと知りたくなる山口の土地柄と人柄

山口県や山口市の、この「山口」という名はどこから来たか、という議論に興味はおありですか? …おそらくあまりないと思いますが、話を進めますと、九州地方から見た場合、長門国(ながとのくに)へと入る玄関口、山道の入り口であることから、あるいは、鉱山の入り口に当たることから、といった説が有力なようです。長門国とは今の山口県がある地域一帯のかつての呼び名であり、「長州(ちょうしゅう)」の別名です。 <br> <br>冒頭の議論も山口県民なら身を乗り出したかもしれません。それというのも、山口県民は一般に議論好きとも言われています。もう少し言えば政治好きで、過去に七人の首相を輩出した県でもあることから代々政治への関心が強かったとされています。政治といえば国を良い方向へ導いてゆく活動ですから、そこに繋がるかどうかはわかりませんが、同時に山口の人々は理想主義で情熱的とも言われます。この「山口県民が情熱的な理想主義」という見方は他県民が言っているというよりは、山口の人々の自負によるもののようです。山口県はかつて、明治維新の時期に新しい日本を作ろうと多くの血気盛んな若者が集い、活動の拠点となった地として有名です。「高杉晋作」を始め、長州藩には歴史的偉人が多く生まれました。現代の首相を生むずっと前から、日本の行く末について考え抜いた人々の故郷だったのです。そういった誇りからくる自意識が山口県には未だに根付いているといいます。山口県の男性をもてなすときは、少し面映ゆいくらいの理想論をかざして、世の中についての意見を述べてみるのもいいかもしれません。きっとそういった議論は彼らの大好物であるはずです。

【山口県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

山口県のオススメ記事