長崎グルメと言ったら長崎ちゃんぽん、本場の味を堪能しよう

長崎グルメと言ったら長崎ちゃんぽん、本場の味を堪能しよう

▼鎖国時代、唯一海外文化を取り入れていた長崎

江戸時代、日本は鎖国と言う海外交通を禁止し、外交や貿易を制限すり政策を取っていました。日本は孤立状態に陥っていましたが、長崎は日本で唯一の開港地として外来文化を受け入れており、独自の文化を育んでいました。 <br>中でもちゃんぽんと皿うどんは、古くから日本と深く関わりがあった中国の影響を受けて長崎が生み出した日中が混じり合った、素朴だが優しい、庶民的な味として親しまれていくようになったのでした。 <br>ちなみにちゃんぽんの語源には、中国の方言で簡単なご飯という意味の喰飯(シャンポン)がなまったもの、ポルトガル語で混ぜるという意味のチャンポンがなまったもの、当時の中国人の呼び方であるチャン・日本人のポンを合わせてちゃんぽんと名付けたものなど、諸説あります。

▼ちゃんぽんの由来

ちゃんぽんには語源に諸説あるだけでなく、由来も諸説あります。 <br>明治のはじめ、長崎人である本吉某が、支那うどんをちゃんぽんと名付けて開業したため支那うどん=ちゃんぽんというようになったことや、明治30年に貧しい中国留学生に栄養価が高く、安価で買えるようなものを食べさせようとした長崎県の中華料理店の初代店主である陳平順が野菜くずや肉の切れ端を炒め中華麺を入れ、それをスープで煮込んだ料理をちゃんぽんと名付けたということもあります。 <br>様々な説はありますが共通して言えるのは、日本と中国が混ざり合った料理であるということです。 <br>勝海舟がちゃんぽんを食べてとても喜んだというエピソードも、現在まで語り継がれているちゃんぽんのエピソードの一つです。 <br>

▼ここだけは行きたい!長崎ちゃんぽんの店

まずは長崎で一番あっさりとしたちゃんぽんと名高い「永楽苑」。 <br>れんげで掬ったスープは、白いれんげがわかるほどの透明感に、喉を通る味はあっさりとした感覚に海鮮ダシが入り混じり、麺の硬さも文句なしの1品です。 <br>長崎ちゃんぽんが美味しいと紹介しましたが、ここで食べるしいたけ肉そばもとても有名で美味しい料理になっています。 <br> <br>そして次は康楽というお店。こちらは濃厚なスープにコシのある太麺、コクのある飲みごたえのあるちゃんぽんのスープがたまらない!とリピーターが続出するお店です。営業時間が夕方からなので、ランチタイムにちゃんぽんを食べたいと思っている人には向かないので、そこだけ注意が必要ですね。 <br> <br>長崎にはちゃんぽんを取り扱うお店が多く、調べるのが面倒だという人は歩いていれば見つけることができると思います。 <br>本場のちゃんぽんをぜひ一度味わってみてください。

【長崎県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

長崎県のオススメ記事