世界が注目する現代アートの島!「直島」と「豊島」の魅力

世界が注目する現代アートの島!「直島」と「豊島」の魅力

世界が注目する現代アートの島

瀬戸内海に浮かぶ「直島(なおしま)」と「豊島(てしま)」という島をご存知ですか?「直島」と「豊島」はどちらも世界が注目する現代アートの島。直島は人口約3200人、豊島は人口約800程度の小さな島ですが、ベネッセコーポレーションとの協同開発により作家たちが島に集まり風土に似合ったアート活動が盛んになった結果、それまで年間5万人程度だった観光客は7倍の35万人を記録。世界が注目する現代アートの島へと生まれ変わりました。特に3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」の期間中は島中がアートな作品で飾られるため、個性的なアート作品を見ようと世界中から観光客が集まります。期間外に訪れても過去に公開された一部の作品が残っているため、いつ訪れてもアートめぐりを楽しむことができますよ。今回は、そんな魅力溢れる直島と豊島の魅力をご紹介致します。

「直島」の魅力

香川県高松市・岡山県玉野市と海を挟んで隣接している「直島」は、島全体にアート作品が展示されたユニークな島。特に草間彌生さんの作品である「南瓜(黄かぼちゃ)」と「赤かぼちゃ」は直島を象徴する存在です。アート作品は主に「宮ノ浦エリア」「本村エリア」「美術館エリア」の3つのエリアに集中しており、宮ノ浦エリアには、入浴できる美術施設「アイラブ湯」。本村エリアには、角屋・南寺・きんざ・護王神社・石橋・碁会所・はいしゃを利用したアートが楽しめる「家プロジェクト」。美術館エリアには、建築家の安藤忠雄さんの設計による宿泊施設を併設した美術館「地中海美術館」があります。直島は香川県の島でありながら岡山県寄りなので、直島へは高松港、宇野港(玉野市)のどちらからでも行くことが出来ますよ。

「豊島」の魅力

直島と小豆島の中間あたりに位置する「豊島」。直島と高速船で結ばれており、小豆島からはフェリーで40分程度で到着します。直島と同じく島全体にアート作品が展示された豊島には、魅力的なスポットが満載。空家をレストランに改装した「カフェ・イルベント」、何個ものリングがある「マルチ・バスケットボール」、アートと科学がコラボレーションした「豊島八百万ラボ」、生と死がテーマの「豊島横尾館」など魅力溢れるスポットが沢山あります。豊島に訪れたら絶対に立ち寄って頂きたいのが、「豊島美術館」。美術館なのに柱が一本もなく、背の低いコンクリート・シェル構造の建物は一滴の水が地上に最初に落ちた瞬間のような形を想起させます。2箇所の開口部から外の自然光や風が吹き込むため、静謐な空間に心が癒されること間違いなしです。

いかがでしたか?
出稼ぎで香川県に訪れた際は、世界が誇る現代アートの島「直島」と「豊島」に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

【香川県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

香川県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する