童心に返れる!絵本の世界を体験できる施設・かごしまメルヘン館

童心に返れる!絵本の世界を体験できる施設・かごしまメルヘン館

「かごしまメルヘン館」とは?

鹿児島県鹿児島市にある「かごしまメルヘン館」は、童話や絵本の世界を体感できる施設。地上3階、地下1階からなる館内には、トリックアートが壁一面に広がる「おはなしの散歩道」、絵本の表紙がぐるりと並ぶ「絵本の塔」、ヘンゼルとグレーテルに登場するお菓子の家など童話に登場するお家で遊べる「おはなしの家」、豆の木アスレチック・蜂の巣迷路・トランプトンネルなど童話に因んだミニアスレチックで遊びながら童話の世界を体験できる「ぼうけんの森」、童話や絵本を自由に読むことができる「絵本の小部屋」、世界各地のレアな人形や絵本に登場する人形達を展示している「人形たちの広場」、童話の主人公に変身できる「ふしぎな鏡」、童話や民話を映像や人形を使って紹介する「メルヘンの森」など童心に返れる様々なエリアがあり、子どもだけでなく大人も楽しむことが出来ます。かごしまメルヘン館は冷暖房完備の屋内施設なので、天候を気にせず楽しめるのもうれしいポイント。また、併設しているかごしま近代文学館にはオムライスやキーマカレー、アイスクリームなどが食べられる喫茶室「潮音館(ちょうおんかん)」もあります。

トリックアートが楽しめる「おはなしの散歩道」

かごしまメルヘン館で大人が一番楽しめるのは、不思議な国のアリスの名場面をトリックアートで再現した「おはなしの散歩道」でしょう。3階から始まるらせん状のスロープの壁には、アリスが白うさぎを追いかけて穴に飛び込むシーン、EAT MEと書かれたケーキを食べてしまうシーン、みんなでお茶会を楽しむシーン、トランプ兵に追われるシーンと不思議な国のアリスの物語順にトリックアートが描かれており、アリスと一緒に不思議の国に飛び込んだような気分を味わうことが出来ます。不思議の国アリスだけでなく、「西遊記」や「ジャックと豆の木」の遊べる壁画もあり、これらは全て写真撮影OK。また、おはなしの散歩道の途中でモチーフになっている絵本を読むこともできます。メルヘンなトリックアートは、SNS映えすること間違いなしですよ♪!出稼ぎで鹿児島に訪れた際は、是非絵本の世界を体験できる「かごしまメルヘン館」で童心に返ってみてはいかがでしょうか♪

<基本情報>
名称:かごしまメルヘン館
住所:鹿児島市城山町5-1
電話番号:099-226-7771
観覧料:一般300円、小・中学生150円
営業時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日:火曜日(休日の場合は翌日)年末年始(12月29日~1月1日)
アクセス:市電「朝日通」下車、徒歩7分(鹿児島中央駅より約20分)
駐車場:無料駐車場あり(17台)

【鹿児島県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

鹿児島県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する