「だんだん」は「ありがとう」!西のズーズー弁・出雲弁の特徴

「だんだん」は「ありがとう」!西のズーズー弁・出雲弁の特徴

出雲弁の特徴

島根の言葉は、松江市や出雲市などがある出雲地域の「出雲弁」、大田市や江津市などがある石見地域の「石見(いわみ)弁」、隠岐諸島の「隠岐(おき)弁」の大きく3つに分かれています。出雲弁は東北地方の方言で見られるズーズー弁のような発音が特徴。そのため「西のズーズー弁」としても知られています。一方石見弁は「~だけぇ」など広島弁や山口弁と共通する部分が多く、隠岐弁はどちらとも大きく異なりアクセントに特徴があります。
今回は少しでも快適な出稼ぎライフを送れるよう、「西のズーズー弁」として有名な出雲弁の特徴をご紹介します。

◆イ段とウ段の発音の区別がしにくい
出雲弁の代表的な特徴として、イ段とウ段の発音の区別がしにくく、エの発音がイに近くなったりする特徴があります。
例:「おすし」→「おすす」、「縮める」→「つづめる」、「ジュース」→「ずーす」、「みせや」→「めせや」、「やきめし」→「やくめす」、「ぎゅうにゅう」→「ぎーにー」、「ちゅうがっこう」→「ちーがっこう」、「ちゅうおうびょういん」→「ちーおうびょういん」、「むずかしい話」→「もつかね話」etc..

◆よく使う語尾
出雲弁は、語尾に「わ」「わや」「わね」などを付けて話します。わをつけると女性言葉のように感じますが、「大変だったわ~」など男性でも使います。

よく使われている出雲弁

◆だんだん
だんだんは【ありがとう、いつもいろいろありがとう】という意味。島根が舞台のNHK連続テレビ小説「だんだん」や、出雲の郷土料理の出雲そば「だんだん」などが有名です。島根県だけでなく広島県、四国の一部で使われており、地域によっては「だんだん」は「いつもいろいろ」の部分だけを表し「だんだんありがとう」と表現することもあります。

◆だら
【バカ・アホ】という意味。「だらくそ!」「だらず!」とも言い、島根以外にも北陸や山陰でも使用されています。

◆ばんじまして
「ばんじまして」は出雲の夕方の挨拶。【晩方(夕方)ですね】という意味で、標準語では夕方挨拶するときに「こんにちは」か「こんばんは」か悩みますが、出雲では「ばんじまして」と挨拶します。

◆そげそげ
年配の方がよく使用する出雲弁で【そうそう、それそれ】という意味。そげだけでなく「あげ、そげ、こげ、どげ」という活用法があり、いずれも「そう」という意味ですが「あげ」は「あれ」、「そげ」は「そう」、「こげ」は「こう」という意味で、場合によって使い分けられます。

◆たばこする
「たばこする」とは、「煙草を吸う」という意味ではなく【休憩する】という意味。「たばこしていけ(ゆっくりして行け)」などと使用します。

このほかにも、せつい(苦しい)、はぶてる(すねる)、もむない(まずい)、まくれる(こける)、しわい(しんどい)、おぞい(こわい)、ざいご(田舎)、ただもの(まいど)、さばる(掴る)、めぐ(壊す)、ぼいしゃげる(追いかける)、わや(滅茶苦茶)、ごぼず(よだれ)、まいしこ(上手に)、戻る(帰る)、どまかす(騙す)、などがあります。※地域によって多少異なります


いかがでしたか?
出雲弁を理解して、出稼ぎライフを楽しんでくださいね♪

【島根県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

島根県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する