春に山梨に出稼ぎに行くなら花の祭典「富士芝桜まつり」は必見!

春に山梨に出稼ぎに行くなら花の祭典「富士芝桜まつり」は必見!

「富士芝桜まつり」とは?

春に山梨に出稼ぎに行くなら、毎年4月中旬から5月下旬に富士本栖湖リゾートで開催される花の祭典「富士芝桜まつり」は必見です。
富士芝桜まつりとは、世界遺産の富士山をバックに約80万株もの芝桜の絶景が楽しめる花の祭典。芝桜の名所は日本各地にありますが、富士山と芝桜を同時に鑑賞できるスポットはここしかありません。2.4ヘクタールの広大な敷地に、赤・桃・白・紫など色とりどりの芝桜が絨毯のようにあたり一面を埋めす光景は日本の春の風物詩といわれており、アメリカのニュース専門放送局CNNによる「日本の美しい風景31選」にも毎年選ばれています。

「芝桜」とは?

芝桜とは、春に咲き誇るハナシノブ科の多年草。芝桜という名前ですが桜とは全くの別物で、桜のような樹木ではなく、高さ約10センチの草丈の低い草花です。芝生のように地面を覆いながら育ち、花の形が桜に非常によく似ていることから芝桜と呼ばれています。ひとつひとつの花は2センチ程度ととても小さく、濃いピンク色の「マックダニエルズ・クッション」、淡いピンク色の「オータム・ローズ」、白色の「モンブランホワイト」、淡い青紫色の「オーキントン・ブルーアイ」など、富士芝桜まつり会場では全8種類の芝桜が咲き誇っています。芝桜の見ごろは5月初旬~5月中旬なので、満開時を狙って見に行くのが良いでしょう。

「富士芝桜まつり」の見どころ

富士芝桜まつりの最大の見どころは、ピンクの芝桜が一面に咲き誇る「ピンクの海」ゾーンと、ピンクと白の芝桜が咲き誇る縁起の良い「紅白富士」ゾーンです。この2つのゾーンの後ろには雄大な富士山がそびえ立っているので、絶好の撮影スポットとなっています。そのほかにも、芝桜と富士山を眺めながら足湯が楽しめる「展望足湯」や地上約3.8mの高さから会場内の芝桜を一望することができる「展望台」、芝桜などでできた高さ2.5mの「フラワータワー」や全長約70mの「フラワーウォール」、高さ20mから芝桜を眺める「気球乗車体験」など、見どころは盛り沢山。また、富士芝桜まつりでは毎年グルメイベントも開催されるので、富士山周辺のグルメも同時に楽しむことができます。

<基本情報>
会場:富士本栖湖リゾート
所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
開催時間:8:00~17:00
入園料:おとな(中学生以上)600円

いかがでしたか?
春に山梨に出稼ぎに行くなら、是非「富士芝桜まつり」に足を運んでみてくださいね♪

【山梨県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

山梨県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する