岡山県の歓楽街

岡山県の歓楽街

岡山市内、北区を中心に栄える街並み

岡山県の県庁所在区でもあるこの岡山市、北区。人口、人口増加率ともに市内最大の区であり、多くの人で賑わう歓楽街も、この岡山駅周辺地区に発展している。近年岡山県では店舗型の性風俗店が下火気味になってきていて、ソープに関しては県内に2店舗を残すのみとなったが、その2店舗のソープも、ここ北区に集中している。 <br> <br>ここ北区田町近辺は交通の便が非常に良く、岡山駅というメインターミナルを中心として、ほかにも複数の路線の駅からアクセスすることができる。複数の駅に囲まれるように形成された街で、様々なショップ、娯楽設備、ホテルが整っている。この街で不便を感じることはまずないと言っていい万能の街だ。それは夜の娯楽に関しても例外ではない。店舗型の風俗店にしても、岡山県全体で見ればたしかにやや少なめとなっている。摘発の勢力が強めで、性風俗店舗を構えづらい環境にあるようだ。ただし、北区に限って言えば男性が夜遊びに困ることはないと言っていい。ほとんどの性風俗店がこの街に集中しているためだ。前述のとおり、店舗型の風俗店は出店しづらい状況があるため、岡山は他県と比べてもデリヘルが多めとなる傾向を示している。そしてやはり、デリヘルの営業領域もこの北区、それも田町周辺が中心となっている。 <br> <br>岡山県の出稼ぎと言えば、主に北区の田町周辺地域を活動拠点とするデリヘルで働くことを指すことが多い。では、その場合どういった環境に身を投じることになるだろう。まず、この「田町」と呼ばれる岡山県最大の歓楽街は、田町駅の西に広がる一帯のことだ。しかし最大の歓楽街と呼びならわされる割には雑多な印象は受けない。広い公園や大きな寺が点在しており、そのおかげか適度な落ち着きを伴う風情のある街だ。この近辺にはデリヘルの興隆に伴ってかビジネスホテルもとても多い。ビジネスホテルとデリヘルはお互いに助け合う間柄にあると言って良い。この街には相互の効果的な関係が出来上がっているため、デリヘルに務めて稼ぎに困るといったことはないはずだ。 <br> <br>コンビニ、医院なども多数あり、待機時間も、歓楽街だからといって生活面で不便さを感じるといったような心配は必要ないだろう。休みの日にはボーリングやカラオケで日がな一日遊ぶこともできる。

日本全国から見た岡山県の役割

岡山県といえば四国香川県と本州を繋ぐ瀬戸大橋があることでも有名だ。つまり物流の拠点――玄関口のような側面を持つ。それゆえ全国と水面下でしっかりと結びついた堅実な都市といえる。岡山県の岡山市といえば、中国地方の中でも広島市に次いで人口の多い市だ。しかし東京などと比べると、大都会、というほどまでの印象は受けない素朴な地方都市、という位置づけにある。これは世間一般のおおよその認識なようだ。事実、景色としては高層ビルが何本も天を突いている、という感じではない。しかしこの地方都市が近年他県の人々から注目を集めている。それは何故だろうか。 <br> <br>〈岡山市は都内並に利便性が高く、それでいて喧噪が少ない〉 <br>岡山が住み良い街として人々の関心を引き始めている理由は、ほどよく残るのどかな景色が象徴する穏やかな土地柄にある。物資に困らない市内から車でほんの20分も離れると、そこには広い空が見渡せる田園がある。気候面の平和さも人気の一つだ。岡山県の気候は瀬戸内(せとうち)海洋性気候という気候帯に属している。この気候は夏は涼しく冬は温暖で過ごしやすいとされている。また、岡山県は災害の少ない県として全国でも指折りとなっている。台風の直撃はめったにあることではく、地震の被害も極めて軽微。降水量も低めに安定しており、雨の被害に遭うこともほとんどない。これらの条件から、岡山は終(つい)の棲家として人々の選択肢に挙がりやすい。 <br> <br>〈福祉、医療の充実〉 <br>岡山市は全国から見てもトップクラスの福祉、医療面の充実を誇っている。最高レベルの医療センターや総合病院が立ち並び、「人口10人あたりの一般病院数」というランキングで見ると、岡山市は実に4位にランクインしている。ちなみに、このランキングの1位は熊本市となっている。つまり、人口に対する病院の数がとても多い県なのだ。名実ともに医療先進都市であり、市民の福祉に厚い、健康を重んじる気風が温かく包み込んでくれる。岡山県民の幸福度が高いと言われることとも強く関連しているだろう。そしてこの側面は働く女性にとっても非常に心強いはずである。特に風俗業界で働く女性にはどうしても身体的な危険が付きまとっている。性病や妊娠の危険を思いわずらいながら働く人々にとってはこれ以上ない味方となってくれる存在こそ医者なのだ。岡山県の出稼ぎを考える場合、こういったメリットも考慮に入れるといいかもしれない。

「晴れの国おかやま」の産物

岡山がいつしか「晴れの国おかやま」と呼ばれるようになった最も強い要因は、やはりその温暖な気候にある。岡山は雨が少なく晴れの日がとても多い。しかし県内を流れる3つの河川、吉井川、旭川、高梁川が良質で豊富な水を常に供給しているため、水不足、渇水などという話はとんと聞かない。まさに気候に恵まれた土地なのである。そんな岡山にはその気候を生かした見どころ、歴史があり、その歴史が育んだ文化が根付いている。 <br> <br>まず、岡山にはおいしい果物がたくさんある。これもやはり、その恵まれた気候のもたらした賜りものの一つだ。岡山は全国的に見ても有数の、ぶどうや桃の産地なのだ。岡山の気候の元で育つ果実は多種多様で、同じぶどうにしても様々な種類が生産できる。デラウェアー、紫玉、マリリン、ニューピオーネ、ゴールドフィンガー、シャインマスカット、桃太郎ぶどう、パイングレープなどだ。そして太陽の光をいっぱいに浴びた果実は皆甘みが強く、香りも濃密だ。岡山にはぶどう狩りができる農園が数多くあり、観光資源として力を入れている。中でも岡山の高級ぶどうとして名高い「ヒロハンブルグ」は、とても大きな粒が特徴で、人房で家族全員が楽しめるほどのボリュームがある。岡山の白桃も贈り物として喜ばれる高級品だ。桃が中国から伝来してきた明治時代より連綿と研究に研究を重ね続けてきた岡山の桃農家の人々の絶え間ない努力の結晶が、美しい果実となって人々の口に運ばれている。岡山の白桃は美しい色合いと強く甘い香りを併せ持っていて、食べる前からそれとわかるほどのブランドを備えている。桃狩りもまた、時間いっぱい食べ放題で行われている農園が数多くあり、人気の観光スポットとなっている。シーズンになると予約待ちになることも多く、希望する場合は早めに行動に移る必要がある。そのほか梨やイチゴ、栗など、季節ごとに良質な果物が得られる岡山では、一年中スイーツに不満を覚えることはないはずだ。 <br> <br>また、忘れてはならないのが瀬戸内海で獲れる豊富な魚介類だ。 <br>瀬戸内海は海の幸の宝石箱といわれるほど多様な水産資源が得られる海だ。その瀬戸内海に面して大いに恩恵を受ける岡山の港町では、訪れる人の舌を飽きさせない様々な魚介類が提供されている。もちろん、それらは新鮮なまま市内にも輸送され、歓楽街で盛大にもてなされている。出稼ぎに行った際にはぜひ味わってみてほしい。きっと街には寿司屋を始めとした、多くの魚介をもてなす店が軒を連ねている。それらの店で提供される海鮮料理は皆、その朝瀬戸内の海で獲れたものばかりに違いない。

【岡山県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

岡山県のオススメ記事