世界が認める日本一の庭園がある!「足立美術館」の魅力

世界が認める日本一の庭園がある!「足立美術館」の魅力

足立美術館の魅力

島根県安来市(やすぎし)にある「足立美術館」は、美術館がある安来市出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう)が収集した美術品をもとに設立された美術館。『大観美術館』と呼ばれることがあるほど近代日本画を代表する横山大観(よこやまたいかん)の名品が数多くコレクションされており、総数約1500点もの美術品が所蔵されています。また、5万坪にも及ぶ日本一の庭園があることでも有名。アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による日本庭園ランキングで2003年から2017年までに14年連続日本一に選ばれており、日本文化を堪能できる美術館として世界からも注目されている美術館です。

足立美術館の基本理念

足立美術館は「名園(日本庭園)と横山大観の作品(日本画)の調和」という基本理念を掲げています。美術館にも関わらず日本一美しい庭園があるのは、『まず日本人なら誰でも知っている日本庭園を見て四季の美しさを知って頂き、その上で日本を代表する画家・横山大観の名品やそのほか川端龍子・小林古径・菱田春草・川合玉堂・竹内栖鳳など近代日本画を代表する画家の作品を見ていただくことで、日本画の美の感動に触れてもらいたい』という創業者・足立全康氏の想いが今も受け継がれているからなんです。

世界が認める日本一の庭園

14年連続日本一に選ばれている世界が認めた足立美術館の日本庭園。足立美術館を囲むように広がる5万坪の日本庭園には、水を使わずに岩や砂だけで山や川を表現した「枯山水(かれさんすい)庭」をはじめ、岩や土一面に苔むした姿が特徴的な「苔(こけ)庭」、飛び石が印象的な庭園「寿立庵(じゅりゅうあん)の庭」、横山大観の名画・白沙青松を日本庭園で表現した「白砂青松(はくしゃせいしょう)庭」、鯉が泳いでいる池が主役の「池(いけ)庭」、落差15mの人口の滝「亀鶴(きかく)の滝」の6つの庭園があります。また、紅葉の名所でもある足立美術館の日本庭園は、秋になるとモミジやドウダンツツジの鮮やかな色に彩られます。

<基本情報>
名称:足立美術館
住所:島根県安来市古川町320
電話番号:0854-28-7111
営業時間:4月~9月:9:00~17:30 10月~3月:9:00~17:00
【本館】年中無休【新館】展示替えのため休館日あり
駐車料金:無料駐車台数:400台(普通車)・40台(大型バス)
アクセス:公共交通機関でお越しの方 「安来駅」から無料シャトルバスで20分 お車でお越しの方 「安来IC」から約10分

いかがでしたか?
出稼ぎで島根に訪れた際は、日本一の庭園がある「足立美術館」に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

【島根県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

島根県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する