訛りが強い?知りたい栃木弁

訛りが強い?知りたい栃木弁

栃木弁の特徴

栃木といえば訛りの強いイメージですが、同じ栃木県内でも場所により方言が異なり、県北(那須塩原市他)は東北寄りの訛り、県南(足利市他)は茨城・群馬混合型の栃木訛り、県西(日光市他)は群馬寄りの訛り、県東(益子町他)は茨城寄り訛り、そして県央(宇都宮市他)は、ほとんど標準語に近い栃木訛りなんだそうです。

今回は少しでも快適な出稼ぎライフを送れるよう、そんな栃木弁の特徴をご紹介します。

◆尻上がりのイントネーション
栃木弁では、文節ごとに後ろの方の音節が上がるという特徴があります。「それから」「そうすると」「きのう(昨日)は」などと言う場合、後ろの音節に近づくにしたがって、上がっていきます。
◆アクセントによる単語の区別がない
「飴」と「雨」、「柿」と「牡蠣」などが全て同じアクセント。それまでの会話の流れを察して区別するしかありません。
◆濁音の多用
「坂(サカ)」が「サガ」、「男(オトコ)」が「オドコ」など、単語の2音速以下のカ行音やタ行音は濁音になります。
◆小さな「っ」を挟む
栃木弁では小さな「っ」を挟んで話します。「明日から仕事です」と言う場合は「あしたっから仕事です」となります。
◆「い」と「え」の発音の区別が曖昧
「色鉛筆」が「えろいんぴつ」、「エスカレーター」が「イスカレーター」など「い」と「え」の発音の区別が曖昧です。

よく使われる栃木弁

◆だいじ
だいじは【大丈夫】という意味。栃木弁で一番メジャーな方言です。
◆うら
栃木では【後ろ】のことを「うら」といいます。「バスのうら」なら後部座席のこと。また、表裏の裏のことも「うら」といいます。
◆あんぽんたん
【ろくでなし、愚か者】という意味で、おじいちゃんおばあちゃんがよく使います。
◆こむ
洗濯物を【とりこむ】こと。「洗濯物こんどいて」と使います。
◆こわい
怖いという意味ではありません。目が【疲れた】時など、「こわいなー」と言います。また、体がだるいかどうか聞くときに「こわい?」と聞いたりします。
◆ごしゃっぺ
「ごしゃっぺいってんじゃねーぞ!」など【ウソ、いい加減、冗談】という意味で使います。
◆いかんべ
【いいでしょう】という同意の意味。「この料理いかんべ?(この料理いいでしょう?)」などと使います。
◆おにむし
栃木では【クワガタ】のことをおにむしといいます。因みにメスはババスコ。
◆ぼっこれた
ゲームなどが【壊れた】時に、「ゲームがぼっこれた!」などと言います。
◆とんぼ
【引き戸】のこと。「とんぼぼっこれた」というと「扉が壊れた」という意味になります。
◆でれすけ 
【ばか、怠け者】など、呆れたり、怒ったり、ののしったりするときに使います。
◆あしたあさって
【明後日】の意味。明後日だけで良いのに、栃木の人はなぜか「あした」もつけちゃうそうです。
◆てわすら
【いたずら】の意味。「てわすらしないの!」など子どもをしつけるときに使います

ほかにも、
おばんです(こんばんは)、こないだ(この前)、てばたき(拍手)、らいさま(雷)、おわす(終わらせる)、いってみる(帰る)、いじゃける(イライラする)、おっかく(折る、割る)、いきあう(出会う)、つっきる(横切る)、いんない(いらない)、ぶすくれる(ふてくされる)などがあります。※地域によって多少異なります


いかがでしたか?
栃木の方言を理解して、出稼ぎライフを楽しんでくださいね♪

【栃木県】の出稼ぎ風俗求人情報

◀︎ エリアコラム一覧に戻る

栃木県のオススメ記事

R18

当サイトは風俗(ファッションヘルス・ソープランド等)のアルバイト情報をはじめアダルト向けのコンテンツが含まれております。
また、風俗の求人情報は新風営法届出済店のみ掲載しております。18歳未満の方の立ち入りは固く禁じられております。

※18歳未満の方はコチラ

当サイトから退出する